掲示板

資料請求・説明会に申し込む

モーションパルペーション

まず、第一に行うカイロプラクティックの触診法として、スタティックパルペーションという触診法を説明しました。

 

しかし、この静止したままで検査を行うだけのスタティックパルペーションは脊柱サブラクセーションを検出することには限界があり、正確さに欠けることも多い。

 

たとえば骨の変形・奇形(先天的なもの)などは、スタティックパルペーションでは大きな不整列として判断してしまいます。

 

当然、奇形には矯正は不可能であるので、誤った矯正がかえって症状を悪化させる原因にもなりかねないし、こういう先天性の奇形も少なくはないケースなので、スタティックパルペーションの欠点を補うためにはモーションパルペーション(可動性検査法)が必要不可欠なのである。

 

モーションパルペーションとは関節の可動性を触診する検査法である。

 

関節の動きは、動きすぎると不安定さが増し、動きが少ない場合は可動域が制限されます。

 

スタティックパルペーションで脊椎の不整列が確認できればその次はモーションパルペーション(可動性検査法)によって、その椎骨のフィクセーション(椎骨の可動性が減少、もしくは消失している状態)が確認しなければいけません。

 

その後、カイロプラクティックのアジャストメント(矯正)によってその椎骨の不整列を正し、正常な可動性を取り戻さなければならない。

 

カイロプラクターが検査で一番重視するのは、関節の可動性を検査するモーションパルペーションと言ってもいいでしょう。