掲示板

資料請求・説明会に申し込む

肩コリのメカニズム

『コリ』というのは筋肉の中で何が起こっているのでしょうか?

 

 

整体と整骨の違い

 

今回、多くの人が悩まされる『肩コリ』を説明していきます。

 

そもそも肩まわりの筋肉は個人差はありますが、

通常4〜5kgもある頭を支え、

かつ片方で3〜4kgの腕をつり下げています。

 

日常生活のさめざまな姿勢や動きの中で、

これらの筋肉に多くの負担がかかり、無意識に酷使していることになります。

 

結果として生じる筋肉疲労は筋緊張を増加させて筋肉を硬くし、

正常な筋の収縮と弛緩を妨げ、血行障害をもたらします。

 

健康な筋肉にはほどよい弾力があります。

 

これは筋肉を形成している細胞内に水分や

血液がスムーズに循環していることが基本となります。

 

しかし、同じ姿勢や動きをずっと続けていたり、

疲労や睡眠不足が続いたり、

ストレスがたまったりすると血行不良となり、その結果、

筋肉がだんだん硬くなっていきます。

 

こうした筋肉のこわばりを『コリ』といい、

その中でも肩周辺の筋肉に起こるものを『肩コリ』と言います。

 

 

筋肉は1本の太いかたまりではなく、

非常に細い筋繊維が数百から数千もの単位で集まったもの

 

 

その中には血管や神経も通っています。

 

わかりやすくいえば、丈夫な袋の中にソウメン〔筋繊維〕の束が詰め込まれたようなものです。

 

筋肉に負担が掛かると、このソウメンの束が緊張し、

1本1本のソウメンが短く太くなって筋膜の袋いっぱいに広がり、

袋はパンパンになって硬く膨れ上がります。

 

すると、筋膜の中でソウメンのおしくらまんじゅうが起こります。

 

その圧力で押し潰されるのが、筋繊維の中を走る血管です。

 

その結果、

 

 

血液の流れが悪くなります。

 

 

筋肉を動かすにはエネルギーが必要ですが、

このエネルギーをつくるにはブドウ糖と酸素が必要となります。

 

ところが、血液の流れが悪くなると酸素不足が生じ、

普通ならエネルギーに変わるはずのブドウ糖が不完全燃焼を起こし、

乳酸などの疲労物質をつくりだします。

 

そうして、うっ血した血液の中にそうした老廃物がたまり、

筋肉の中にある痛みの神経を刺激します。

 

痛みや不快感があると私たちは反射時に身体に力を入れて、

それに耐えようとし、筋肉の筋肉はさらに強くなります。

 

すると、さらに血管が押し潰され、老廃物がたまり、

やがて筋肉が硬いしこりへと変わっていきます。

 

いかがでしょうか。

 

ひと言で「肩こり」といっても、奥が深いですね。

 

来院されたお客様にしっかり説明できるようにしておけば、

あなたも立派な整体師になれます。

 

整体院で美容メニューを入れる時の注意点

整体院 美容整体院でも美容メニューを取り入れているお店が増えてきています。

 

サロンでは美容メニューが主流になるので、大丈夫だと思いますが、

整体院ではオプションにしているお店がほとんどなので、

トラブルになることもあります。

 

お客様に全身の美容を提供すると共に

日頃のストレス解消を解消する美容メニュー。

 

そこではお客様に対して様々なサービスを提供していますが、

サービスを提供する私達には守るべきマナーが存在します。

 

今回、注意するポイントを紹介していきます。

 

 

1、予約時間は余裕をもってとる

 

 

整体をおこなう時とは違い、

着替えに時間がかかる可能性があります。

 

メニューによれば、メイクを落としていただくこともあるので、

着替えの時間も計算に入れて、予約の管理をしましょう。

 

 

2、カウンセリング時の注意

 

 

ここではスタッフとお客様を繋ぐ大事な架け橋です。

 

整体メニューとは違い、エステメニューは肌をみせることになることがあるので、

カウンセリングで信頼関係を築かなければ、効果は半減するし、

クレームに繋がる可能性があります。

 

しっかりとカウンセリングをとり信頼関係を築いて、

状態を聞き出して、どの施術を行うか選べるようにしましょう。

 

 

3、施術中の注意

 

 

美容メニューは時間ぎ長くなることがあります。

 

施術が始まったら、途中でトイレへ行く事が困難な為、

カウンセリングを受ける前か施術に入る直前までに確認しておきましょう。

 

そして、肌をみせるメニューであれば、

たとえ女性整体師だとしても、配慮しないといけません。

 

また、ピアスやネックレスなどはオイルがついたり、

壊れてしまう可能性がありますので、注意しましょう。

 

 

4、施術後の注意

 

 

施術後にはゆっくりと着替えられる時間を確認して、

施術の説明をして、さらに信頼関係を築けるようにしましょう。

 

 

5、施術ができるかの確認

 

 

✔︎飲酒や飲食をされた方

 

血行の流れが良くなり、アルコールが回りやすくなるので

施術中に嘔吐してしまう可能性もあります。

 

✔︎妊娠中の方

 

流産や早産の原因になる可能性があるので、

まずはかかりつけのお医師様にご相談することをおすすめします。

 

✔︎生理中の方

 

必ずお医師様にご相談する必要はありません。

 

体調が大丈夫なのであれば施術可能です。

 

しかし、生理中はホルモンバランスが不安定になっていることや

施術を行うと血行の巡りがよくなるため、生理中は避けましょう。

 

✔︎癌をお持ちの方

 

リンパマッサージは血流を良くし、リンパの流れも良くなるので癌細胞が転移しやすくなる危険性があります。

 

✔︎骨折をされていたり怪我をしている方

 

リラックス出来る空間とマッサージを提供していますが、

骨折をされていたり怪我をしていると痛みの方が大きいので、おすすめ出来ません。

 

上記に当てはまる方は施術は控える事をおすすめしてください。

 

以上が美容メニューを取り入れる時の注意点になります。

 

美容メニューを取り入れている方は参考にしてください。

 

意外と知らない間違った膝痛への対処法

肩コリ・腰痛の悩みを抱えている人が多いイメージですが、

これらと同じくらい悩みを抱えている人が多い膝痛。

 

膝痛

 

 

整体の現場でもよく出会うので、

今回は意外と知らない間違った膝痛への対処法について話をしていきます。

 

膝痛は年齢・性別問わず、さまざまな人に起こり得る痛みです。

 

膝痛がひどくなると、熱をもちます。

 

炎症している状態ですね。

 

 

1つ目の間違った対処法です。

 

 

膝痛に対して、まずは温めようとする整体師がいてますが、炎症を起こしている膝を温めると逆効果です。

 

さらに熱が出て、痛みは増します。

 

炎症している場合はまず、アイシングをすることです。

 

アイシングで熱を取ると痛みが緩和します。

 

熱を取ったあとに、炎症の原因である筋肉や靭帯の軟部組織にアプローチをかけていきます。

 

 

次に2つ目の間違った対処法です。

 

 

これはお客様が間違った考えかたを持っているので、我々整体師が正しく施術内容を伝えなければいけません。

 

膝の炎症が強くなると、膝に水がたまります。

 

その水を整形外科で抜くお客様がいらっしゃいます。

 

水を抜くと痛みが緩和しますが、そもそも水がたまるのは熱を持っている膝を冷やそうとして起こる生理作用です。

 

膝にはみんな水があります。

 

水の役割は膝に掛かる負担を軽減することですが、炎症することで、身体が冷やそうと異常分泌を起こし、水量が増えます。

 

水量が増えると痛みが出るので、水を抜くと楽になりますが、抜くばかりではダメです。

 

膝の水を取るには、根本から改善しなければいけません!!

 

原因になっている筋肉の張りや靭帯の損傷に対してアプローチをかけていかないと水を抜いても、また身体が冷やそうと生理作用で水がたまります。

 

水は抜くとクセになると言うお客様が多いですが、それは間違いで、原因を改善していないからです。

 

水を抜くことがダメと言っているわけではないです。

 

膝の水量が増えると激痛を伴うことがあるので、抜くと楽になります。

 

水を抜くだけで、放っておくのではなく、原因を改善しないと、また水がたまり、痛みが出ることをお客様に伝えなければいけません。

 

今回、2つの間違った対処法を紹介しました。

 

しっかりとしたアプローチをかける施術をおこなうとお客様の状態は良くなりますが、間違った施術をおこなうと逆に状態は悪くなってしまいます。

 

お客様の状態をよくする為に、今回紹介した記事を参考にしてみてください。

 

扁平足の原因と施術テクニック

「扁平足が体に悪いということは聞いたことがあるけど、自分は生まれつきだから仕方ない」と諦めている方が多いです。

 

しかし、扁平足の9割は生活習慣が原因のため、正しい対処を行うことで改善が期待できます。

 

そこで、今回は、扁平足の原因や改善方法について紹介します。

 

この記事を読んで扁平足で悩まれているお客様を施術してください。

 

 

なぜ、扁平足は身体に悪いのか…

偏平足

 

扁平足とは、足の裏に『土踏まず』がなく、真っ平らになっている状態のことです。

 

生まれた時点では誰もが扁平足ですが、多くの場合は8歳までに『土踏まず』が形成されます。

 

しかし、何らかの原因によって土踏まずが形成されなかったり、形成されたはずの土踏まずがなくなってしまうことがあります。

 

土踏まずには歩行時にかかる体への衝撃を和らげたり体のバランスを保つ働きがあるため、扁平足になると体全体にさまざまな影響が現れます。

 

具体的にどのような影響が現れるのか一つずつ見ていきましょう。

 

✔︎すこし歩いただけで疲れてします

 

扁平足の代表的な症状として、歩いた時に疲れやすいということがあげられます。

 

本来であれば『土踏まず』がバネの役割を果たし、足への衝撃を和らげ地面を蹴る動きをサポートするのですが、扁平足になるとこうした機能が働きません。

 

そのため、足にかかる負担が大きくなり、少し歩いただけでも疲れが出てきます。

 

✔︎足が浮腫む原因は扁平足の可能性がある

 

足が浮腫みやすいという場合、その原因は扁平足にあるかもしれません。

 

本来、重力によって身体の末梢に溜まった血液やリンパは、ふくらはぎの筋肉によって体の中心に押し戻されます。

 

しかし、ふくらはぎの筋肉は足のアーチを利用して動くため、扁平足になると血液やリンパをうまく押し戻すことができなくなるのです。

 

そのため、血液やリンパが足に溜まり、浮腫むやすくなります。

 

✔︎扁平足は足が冷えやすくなる

 

扁平足は慢性的な冷え性を引き起こすこともあります。

 

土踏まずがないことで足裏全体が圧迫された状態が続くためです。

 

これが原因で血流が悪くなり、足が冷えやすくなります。

 

 

扁平足になってしまう理由は…

扁平足の多くは生活習慣などによる後天的なものです。

 

どのようなことが扁平足の原因になるのか、代表的なものを紹介します。

 

✔︎運動不足による筋力低下

 

扁平足を引き起こす要因としては、筋力の低下があげられます。

 

土踏まずのアーチを保つには、足裏の筋肉が非常に重要です。

 

しかし、運動不足によってこの筋肉が衰えると、足裏のアーチが維持できなくなります。

 

その結果、土踏まずがなくなり扁平足になります。

 

✔︎足に合わない靴を履いている

 

足に合わない靴を履き続けることも扁平足の原因になります。

 

とくに、カカトの高い靴をよく履く方は注意が必要です。

 

合わない靴を履いていると、歩く時に足の筋肉をうまく使うことができません。

 

そのため、筋肉のバランスが悪くなり、扁平足になりやすくなります。

 

✔︎体重増加が扁平足に繋がる

 

肥満などによる体重増加も扁平足の原因です。

 

急激な体重の増加は、土踏まずのアーチを支える筋肉に大きな負担を与えます。

 

これによって、土踏まずを形成している靭帯・筋力が緩み、扁平足となります。

 

 

偏平足の施術テクニック

 

 

ここまで紹介したように、扁平足は足裏の筋力の低下が原因にあげられています。

 

足裏の筋肉で足底筋という筋肉があります。

 

足底筋がしっかり働くと、『土踏まず』のアーチを形成します。

 

足底筋を働かせる為に一方の手の平で足背を把握して、もう一方の母子で足底筋を押し上げ、アーチを作るように筋肉を緩めていきます。

 

押圧することにより、筋肉が働きやすくなるのと、アーチを作るように押すとアーチが形成されやすくなります。

 

そして、足底筋を働きやすくするためにセルフトレーニングを指導します。

 

◻️足の指グーパー運動を指導

 

足底筋を使うために、足の指をグー・パーと10回繰り返します。

 

1日に2セット行うように指導してください。

 

入浴中にすると筋肉が働きやすいので、勧めてください。

 

逆にしない方がいい時間帯は寝起きです。

 

寝起きは足の血流が穏やかで、筋肉が働いていません。

 

その状態でおこなうと、筋肉をつってしまうことがあります。

 

以上が、扁平足の原因と施術テクニックになります。

 

あなたの周りで悩んでいる人がいたら、試してみてください。

※あくまで自己責任でお願いします。

 

女性が悩むX脚改善テクニック

X脚は欧米女性に多くみられる症状で、O脚の多い日本人には馴染みの少ないものでした。

 

しかし、生活スタイルの変化に伴い、近年では日本人女性にもX脚で悩む方が増えています。

 

X脚はただ見た目が悪いだけでなく、健康面にもさまざまな影響を及ぼすため、早めに改善することが重要です。

 

そこで、X脚を改善させる方法を紹介します。

 

X脚で悩んでいる人があなたの周りにいるなら、この記事を参考に真っすぐにスラリと伸びた美脚にしてください。

 

 

X脚とはどのような状態?

 

 

X脚 O脚

 

X脚とは、両足をまっすぐ伸ばして立った時に、膝がぶつかり左右のくるぶし・太もも・ふくらはぎがくっつけられない状態のことを言います。

 

X脚と呼ばれる理由は、真正面から見たときに脚の形がアルファベットのXに見えるためです。

 

X脚になる原因は、主に以下のようなものがあげられます。

 

・普段の姿勢が悪い

 

・ハイヒールなど、バランスのとりづらい靴

 

・運動不足による筋力の低下

 

・ビタミンD不足による骨の異常

 

・骨格の遺伝

 

 

X脚が身体に及ぼす悪影響は?

 

 

X脚になると健康や美容面にさまざまな影響が現れます。

 

具体的なものをいくつか紹介していきましょう。

 

✔︎立ち姿や歩き方が美しく見えない

 

X脚の問題点として最もわかりやすいのが、見た目への影響です。

 

脚のバランスが悪く、立ち姿や歩き方が崩れ、プロポーションが美しく見えません。

 

脚の形がコンプレックスとなり、脚を露出するファッションを楽しめないという方も多いです。

 

✔︎膝への負担が大きく怪我をしやすくなる

 

また、X脚には怪我をしやすいという問題もあります。

 

体重のかかり方が左右均一でないことが原因です。

 

左右どちらかの脚の負担が大きくなるために、捻挫や靭帯断裂などを起こしやすくなります。

 

✔︎腰痛が起こりやすくなる

 

X脚は腰痛を引き起こす原因にもなります。

 

X脚になると足首や膝にかかる負担が増え、歩き方が不自然になるためです。

 

その結果、腰に悪影響を及ぼし、腰痛となってしまいます。

 

✔︎むくみや冷え性などが現れることも

 

X脚の方で、冷え・むくみなどの症状がある場合はX脚が原因かもしれません。

 

X脚になると下半身のリンパや血液の巡りが滞ります。

 

余分な水分や老廃物を溜めこむことで脚がむくみ、血行不良によって冷えが起こります。

 

✔︎下半身が太りやすくなる原因に!

 

下半身が太りやすくなるというのもX脚の特徴です。

 

X脚になると太ももの筋肉をうまく使えないために、脂肪の代謝が悪化します。

 

そのため、太ももまわりに余分な脂肪がつきやすくなります。

 

 

X脚改善テクニック

 

 

X脚の人は骨盤が閉じていることが多いです。

 

逆にO脚は骨盤が開いています。

 

O脚の改善テクニックを以前紹介しているので、↓をクリックしてチェックしてください。

O脚改善テクニック

 

閉じた骨盤を元に戻すのはカイロプラクティックの側臥位矯正をおこないます。

 

カイロプラクティックの技術を使わない場合は内転筋の筋肉を緩めます。

 

X脚の人は内転筋が固くなっていることが多いです。

 

筋肉を緩めるだけでも効果は期待できますが、根本的な改善はカイロプラクティックの技術をオススメします。

 

 

X脚を改善・予防する歩き方

 

 

X脚を改善させるには普段の歩き方も重要なポイントです。

 

日頃から以下のことを意識して歩いてみてください。

 

◻️胸を開き、お腹に力を入れる

 

◻️つま先・膝は常に前を向くようにする

 

◻️膝をしっかりと伸ばして脚を前に出す

 

◻️普段よりも歩幅を大きめにする

 

◻️音が鳴らないようにカカトから着地する

 

足の内側・外側に体重がかからないようにすることがコツです。

 

 

自分に合った靴を選ぶ

 

 

足に合わない靴を履き続けることもX脚の原因となるため、自分に合った靴を選ぶことが大切です。

 

サイズが小さい靴は危険です。

 

とくに、カカトの高い靴をよく履く方には注意をしてください。

 

最近ではX脚矯正用のシューズなども販売されています。

 

こうした靴を履くことで、歩き方が矯正され、X脚の改善も期待できます。

 

いかがでしたか?
これらのポイントを知ることでX脚を改善することができるでしょう。

 

X脚に悩む人は多いので、参考にしてみてください。

 

五十肩に似ている石灰沈着性腱炎とは

五十肩肩の痛みでどんな症状を思い浮かべますか?

 

整体師なら、肩の痛みを全て肩コリで済ませるのではなく、その状態を見極め、

時にはX線やMRIなどの検査が必要かどうかを調べます。

 

必要があれば病院を勧めて、

検査を受けていただくようにお客様に伝えなければいけません。

 

今回、肩の痛みの中でも酷ければ手術の可能性のある

石灰沈着性腱炎について、説明させていただきます。

 

 

石灰沈着性腱炎

 

 

40〜50代の女性に多くみられ、肩腱板(けんけんばん)内に沈着した

リン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が生じ、

肩の疼痛(とうつう)・運動制限をきたす病気です。

 

 

原因はなにか?

 

 

肩腱板に石灰が沈着する原因については、

いまだ特定はされていません。

 

石灰のはじめは濃厚なミルク状で、

時間の経過とともに、練り歯磨き状、石膏状と硬くなってきます。

 

 

症状の現れ方

 

 

多くは、夜間に突然生じる激烈な肩関節の疼痛で始まります。

 

痛みで睡眠が妨げられ、肩関節を動かすことができなくなります。

 

発症後1〜4週に強い症状を呈する急性型、中等度の症状が

1〜6カ月続く亜急性型、

運動時痛などが6カ月以上続く慢性型

などに分けられます。

 

 

検査と診断

 

 

肩関節周囲炎〔五十肩〕の症状とよく似ていますが、

X線撮影によって腱板部分に石灰沈着の所見が確認できます。

 

石灰沈着の位置や大きさを調べるために

CT検査や超音波検査なども行われます。

 

また腱板断裂を合併することもあるので、MRIも行われます。

 

 

施術の方法

 

 

石灰成分は自然吸収されることが多いのですが、残ることもあります。

 

急性例では激痛を早く取るために、

腱板に針を刺して沈着した石灰を破り、

ミルク状の石灰を吸引する方法が行われます。

 

三角巾・アームスリングなどで安静を図り、

消炎鎮痛薬の内服、水溶性副腎皮質ホルモンと

局所麻酔薬の滑液包内注射なども行われます。

 

ほとんどの場合、保存療法で軽快しますが、

急性型、慢性型では石灰沈着が石膏状に固くなり、

時々強い痛みが再発することもあります。

 

硬くふくらんだ石灰が肩の運動時に周囲と接触し、

炎症が消失せず痛みが続き、

肩の運動に支障がある場合には、

手術で摘出することもあります。

 

整体師は手術はできませんので保存療法をおこなっていきます。

 

炎症期には患部を冷やして、

炎症期を過ぎると軽い力で固まった筋肉を緩めて、

少しずつ関節の可動範囲を広げていきます。

 

 

石灰沈着性腱炎に気づいたらどうするか

 

 

石灰成分は自然吸収されることもありますが、

急性期の痛みはかなり強いので、

お客様にはまず、整形外科への受診をすすめます。

 

整体を出来る状態でしたら施術は可能ですが、

肩の痛みでも、石灰沈着性腱炎は怖い症状です。

 

整体師はさまざまなケースを考えて、

お客様と接していかなければいけませんね。