掲示板

資料請求・説明会に申し込む

カイロプラクティックで独立開業するときの注意点

カイロプラクティックで独立開業・・・

 

カイロプラクティックの学校に入学を検討している方は、

就職や独立開業を目標にしている方は多いと思います。

 

新規で開業するときは、やはりお金もかかりますし経営者となるのでそれなりの覚悟が必要です。

 

最初はいろいろ考えたり迷ったりします。

 

カイロプラクティックで独立開業するときに注意することは、

 

何のために、誰のために、誰に対してカイロプラクティックの施術を提供するのか?

 

カイロプラクティック院を開業したので、来てください。

 

こんなことを言っても街中に溢れかえっている整体院、整骨院、マッサージ、カイロプラクティックの中では、数ある選択肢の中の一つに過ぎないのです。

 

  • あなたのカイロプラクティックはどんな人に受けてもらいたいのか?
  • あなたのカイロプラクティック院は他の整体やマッサージとは何が違うのか?
  • カイロプラクティックを受けるとどんなメリットがあるのか?

 

こういうことを明確にしないと結局、なぜあなたのカイロプラクティックの施術を受けないといけないのか、わからないんですよね。

 

だから入学する前にしっかりあなたのビジョンを決めてください。

 

そうすれば、あなたは目標に向かっていくことができますし、

独立開業されたときはあなたのお店に人が集まってくるでしょう。

 

カイロプラクティックの学校は治療系?

あなたが、カイロプラクティックの学校を選ぶ基準は何ですか?

 

 

たくさんのカイロプラクティック 学校があって迷われると思います。

 

 

1、授業料は総額いくらなのか?

2、通いやすい場所なのか?

3、カリキュラムは何時間くらいか?

4、短期間で卒業できるのか?

5、本当に就職・開業できるのか?

 

 

このような疑問をお持ちの方も多いと思います。

 

 

しかし、もっと注目してほしいことがあります。

 

 

カイロプラクティックを習ったことがない方はあまり気にされないことが多いですが、

 

 

治療系(改善系)?か、癒し系か?

 

 

これに注目してください。

 

 

一般的には、治療系(改善系)は、

 

 

カイロプラクティックや整体院に通ったり整骨院、鍼灸院などがイメージできます。

 

 

癒し系は、

 

 

リラクゼーションマッサージ、クイックマッサージ、アロママッサージ、リンパマッサージ、ロミロミ、ほぐし、エステサロンに通ったりすることがイメージできます。

 

 

中には、こういうふうに当てはまらないところもあると思いますが、一般的にこういう風にとらえられている方が多いと思います。

 

 

ここで、あなたがカイロプラクティックを学校で習いたいのであれば、「治療系」(改善系)という枠になります。

 

 

しかし、カイロプラクティックの学校では、カイロプラクティックという名前がついていてもリラクゼーションのような手技しかしないところも実際は少なくありません。

 

 

あなたの希望する学校が「治療系」(改善系)かどうかよく調べてください。

 

 

調べ方は、

 

 

1、体験説明会で実際にカイロプラクティックの施術をしてもらう。

 

2、直営のカイロプラクティック院で実績(ビフォーアフター)やお客様の声や口コミがたくさんあるかどうか調べる。

 

 

以上の2つになります。

 

 

1、は実際に自分自身で体験できますがカイロプラクティックを知らない方は、「カイロプラクティックの施術で改善したかどうかわかりにくい」という点があります。

 

 

2、はインターネットやHPなどで口コミや実績を調べることができますが信用するにはたくさん掲載されているかどうかチェックするする必要があります。

 

 

あなたがカイロプラクティックの技術を修得したいなら、そのカイロプラクティックスクールが「治療系」(改善系)かどうかも選ぶ基準に入れておいてくださいね。

 

奈良で整体学校を探すなら天王寺校が近いです!

奈良から通える整体・カイロプラクティック学校ならアドバンスカイロプラクティックスクールです。

 

アドバンスカイロプラクティックスクールの大阪・天王寺校では奈良からの通学も便利です。

 

近鉄上本町駅や谷町九丁目駅、天王寺駅からでも徒歩圏内です。

 

最寄り駅は地下鉄谷町線 四天王寺夕陽が丘駅から徒歩2分です。

 

その天王寺校の整体・カイロプラクティックの授業風景です。

 

カイロプラクティック 学校 奈良

 

 

 

 

 

 

 

授業は朝10:30~20:10までの好きな時間で受講できます。

 

また平日、土日問わず授業を受けることができますので、

働きながら技術を取得することができます。

 

就職から独立開業、医療系国家資格者のスキルアップとして通われている方がたくさんいます。

 

奈良から通われる場合は近鉄線やJR大和路線の電車通学されると思いますがどちらの場合でもアクセス良好です。

 

近鉄奈良線、大和路線、地下鉄なども近くに駅がございます。

 

奈良から通える整体・カイロプラクティック学校のホームページはこちらです。

 

 

カイロプラクティックとアロマセラピストの資格の意外な関係?

 

アドバンスカイロプラクティックスクールでは、

アロマセラピストの資格取得できます。

 

なぜ、カイロプラクティックのスクールでアロマセラピストの資格も取れるの?

そう思ったことでしょう?

 

カイロプラクティックのスクールでは

カイロプラクティックのテクニックを教えるのが基本です。

 

だ、資格がたくさん取れるスクールだけとしたらアロマセラピーだけじゃなく

もっとたくさんのテクニックを資格として用意していることでしょう。

 

なぜ、アロマセラピーなのかを説明したいと思います。

 

 

アロマセラピスト(レインドロップテクニック)を

希望する5つの理由

 

 

1、アメリカでは医師、カイロプラクティックドクター、自然療法士に至るまで、様々な医療専門家がエッセンシャルオイルに活路を見いだし始めています。

 

2、フランスの多くの医師が安全で効果的なエッセンシャルオイルの原液の使用とそれがもたらす劇的で強力な効果を実証しています。

 

3、ある種の微生物が脊髄近くに住みついて背骨の変形を引き起こす原因になっているということを示す研究結果が増えています。

 

4、レインドロップテクニックはセラピーグレードのエッセンシャルオイルだけができる原液をそのままそっと背骨に雨粒のように垂らしていき、まるで鳥の羽でなでるように軽く延ばしエネルギーを広げていきます。オイルの効果は5~7日間くらい持続します。

 

5、このオイルは、米国食品医薬品局で内服に対し安全といわれています。

(エッセンシャルオイル総合医学ガイドより。)

 

 

アドバンスカイロプラクティックスクールのアロマセラピスト養成は

フランス式アロマでカイロプラクターとアロマセラピストが考案した

「レインドロップテクニック」です。

 

現役アロマセラピストのサロンで直接学べるから技術はもちろんサロンの雰囲気も味わえます!

 

レインドロップ アロマ 資格 アロマ レインドロップ 資格

 

 

 

 

 

 

 

数あるアロマセラピーの中でもカイロプラクティックに関係の深いテクニックなのです。

 

もしあなたが、オンリーワンの施術を目指すなら、

カイロプラクティックとアロマセラピスト(レインドロップ)の資格取得し、

あなただけの施術院やサロン開業ができます!

 

レインドロップとは?

レインドロップとは何か? 聞いたことありますか?

 

1980年代にアメリカのゲリー・ヤング自然療法学博士が考案したもので、原液のエッセンシャルオイル(精油)9種類を背骨にそって、雨だれのように直接垂らしていく背中に対して行うメディカル・アロマテラピートリートメントです。

 

精油を浸透させることにより、血液にのって全身をめぐり、様々な臓器、神経、細胞の隅々まで届いて、ホルモンのバランス、身体のゆがみを整え、解毒促進をし、免疫力を高めていきます。

 

嗅覚からも脳に働きかけ、否定的な感情の開放、気持ちがアップするなど感情も解放していきます。

 

もともとは、アメリカ先住民族が、オーロラのエネルギーを癒しパワーとして身体に取り入れて心身の不調を癒していたことをヒントに開発されたものだそうです。

 

アメリカでは、多くの医療従事者がこのレインドロップを医療現場に導入し、脊柱側湾症や脊柱後湾症、坐骨神経痛やその他慢性的な背痛に非常に効果的だと高く評価されています。

 

また、レインドロップは脊髄トリートメントとも呼ばれており、体の中に溜めこまれたネガティブな感情やトラウマなどを浄化し、肉体的な面では骨格の調整や脊髄やリンパに溜まっているウィルスなどの菌類を浄化し排出する効果も報告されています。

 

使用する精油はどれも非常に高い抗菌作用や抗ウィルス作用があり、自然治癒力や免疫力UPにもつながるため、回を重ねることにより免疫力が上がり、心身が浄化されます。優しく降る雨だれのように、背中にポトポトと一滴ずつ精油を垂らし、 ゆっくりと身体に染み込ませていくところからレインドロップ(雨だれ)の名がついたとされています。

 

具体的にどんなことが学べるのか?

 

レインドロップは、主に背中に行う施術です。

 

 

背骨は、身体の屋台骨でもあり、神経、動脈、静脈、リンパ系なども集まっているとても重要で大切な器官です。

 

そこへオイルを浸透させ、体全体に効果が出てきます。

 

レインドロップの効果をより高める為に、まずは足裏にオイルを塗りエネルギーのバランスをとります。 その後、ヴィタフレックスという足の裏の脊柱の反射区に対してオイルを塗布し、骨格の配置を動きやすくします。

 

ここから背中へのレインドロップへ入ります。

 

高品質で純度の高いシングルオイルを原液のまま順番に脊柱に垂らして、オイルを体内に染み込ませていきます。

 

浸透させた後は、背中全体をマッサージしていきます。 レインドロップの手技はソフトですが、塗布されたオイルの成分は、細胞まで浸透し、体に働きかけて効果を発揮してくれます。

 

背骨に溜まった毒素を排出し、背骨周辺にひそむ病原菌に働きかけ、ネガティブ感情の解放や、肉体・エネルギーをも同時に整えてくれます。

 

 

レインドロップの効果とは?

 

レインドロップの効果は1週間から10日持続すると言われており、その間断続的に骨格の修正が行われます。

 

自然治癒力や免疫力UPにもつながるため、回を重ねることにより免疫力が上がり、心身が浄化されます。

 

使用する9種類のオイルとは?

 

レインドロップで使用する精油は原液使用の実績があるヤングリヴィング(YL)社の精油を使用します。

基本で使用するのが以下の精油です。

体調などに合わせて精油の変更も可能です。

 

  1. オレガノ:抗菌作用抜群の精油です。
    消化器系を元気にしてくれます。体の深部に渇を入れてくれる感じなので、筋肉疲労にもとても効果的です。
  2. タイム:すーっと鼻に抜けるようなすっきり系の香りは、心の中のわだかまりも溶かしてくれます。
    身体への作用は、消化器系に効果的で、胃腸の中の細菌を駆除してくれたり、強い殺菌効果で膀胱炎などにも有効です。
    脳細胞活性作用もあるそうです。
  3. バジル:副腎皮質に作用するといわれているので、ストレス性のアレルギー・アトピーなどに効果的。頭脳明晰作用があり頭の中をクリアしてくれます。
    ヒステリーにも効果的なので、気持ちのクールダウンにも使えます。
    エストロゲン様作用があるので、妊婦さんにはNGですが、PMSなどの情緒不安定に活躍しそうな精油です。
  4. サイプレス:組織の奥のほうに浸透していき、組織をきゅっと引き締めてくれる収斂作用があります。
    そのため、静脈瘤や痔・むくみなどに効果的です。お肌的には、乾燥で過度に水分を喪失しないように、毛穴をきゅっとする作用もあるので、乾燥肌やアンチエイジングにも効果的です。
    樹木系の香りなので、森林浴効果も。すーっと気持ちのクールダウンにも良い香りです。
  5. ウインターグリーン:抗炎症作用や鎮痛・鎮静・鎮けいれん作用などがあるので、スポーツシーンにはとっても活躍します。深部の血行を良くするので、肩こりや冷え性にも効果的です。結石(腎臓・膀胱・尿道)を溶かす効果もあるそうです。
    湿布のような香りです。
  6. マージョラム:リラックス効果の高い
    ハーブ調のすっきりした香りです。
    不安やストレスの緩和などにも役立ち、情緒を暖める効果もあるので、悲しみや孤独感を和らげるのにも適しています。
  7. ペパーミント:肉体的だけでなく、感情の冷却作用にも効果があるのでヒステリーや怒りにも効果的。
    しゃきっとしたリフレッシュ感が無気力や鬱っぽい重たい気持ちに、風を吹き込みます。
    消化器系をリラックスさせる効果もあるので、急性の胃痛や下痢・食中毒にも効果があります。
  8. アロマシーズ:いたわりの種とも呼ばれる、すっきりた香りの中にもほっと落ち着く香りのブレンド精油です。
    ブレンドされている精油は、バジル・マージョラム・ラベンダー・ペパーミント・サイプレスなどです。
  9. ヤングヴァラーレインドロップの最初と最後に使用するブレンド精油です。「調整」という別名があるように、身体のエネルギー調整やそれぞれ精油の働きを良くしたり他の精油との相乗効果を促したりします。
    なので、レインドロップの前後で使用することでよりトリートメントの内容が深く効果的になります。
    ブレンドされている精油は、スプルース・ブルータンジー・ローズウッド・フランキンセンスです。ブルータンジーはカモミールに似た効果があり精油には珍しいブルーです。
    ウッディー系の穏やかな香りです。集中力UP・自尊心upにも良いものです。

 

 

アロマセラピーセミナーが始まっています!

アドバンスカイロプラクティックスクールで取得できる資格の一つ、アロマセラピストのセミナーが始まっています。

 

セミナーといっても資格を取得するわけですから内容の薄いカリキュラムではなく、

40時間みっちり学ぶ実技中心の内容です!

 

 

アロマセラピー専門のスクールもたくさんありますが、

カイロプラクティックスクールで学ぶアロマって??

 

こんなふうに思いませんか?

 

アロマセラピーの中でもレインドロップというテクニックを学びます。

 

このテクニックは、カイロプラクターとアロマ療法家が一緒に考案したカイロプラクティックに深く関係しているテクニックなのです。

 

通常、アロマオイルは原液で身体に垂らすことはないのですが、レインドロップテクニックではアロマオイルの原液を脊柱に垂らすことにあります。

 

だから高い濃度でオイルの効果が最大限に身体に染み込み、より高いアロマ効果が期待できます。

 

 

アロマを原液で使うって大丈夫なの??

レインドロップ スクールウーマンレインドロップ スクールゴールデンドロップ スクールニューロオリキュラー スクール

 

 

通常はアロマオイルは薄めて使用します。

 

レインドロップでは、医療等級(セラピーグレード)のYoung Living社の7種類のシングルオイルと2種類のブレンドオイルを使用します。 

 

厳しい成分規格基準をクリアした最高品質のオーガニックなオイルで、

非常に波動が高く、「生きたオイル」と表する人もいます。 

 

肉体(骨)の周波数をも考慮してつくられたこれらのオイルとそれを使用して行うレインドロップテクニックは、

骨格や肉体のみならず精神面にも同時に働きかけ、深いレベルでの癒しが可能になります。

 

本国アメリカでは、数多くのオイルが食品としてFDAから認可を受けているほど安全性の高いものです。

 

過去20数年以上にわたり、アメリカやカナダ、南米、オーストラリア及び日本でもたくさんの方がこのYoung Living社のオイルを使用してレインドロップの施術を受けていますが、

事故の報告は1件も挙がっておらず、そのことからも安全性が分かると思います。

 

 

また、高純度で体内での代謝も非常に良いため、使用する量が適正ならば全く心配することはありません。

「より安心で安全なもの、そして周りの人を健康にする」という考えでアドバンスカイロプラクティックスクールではアロマセラピストの資格が取得できるのです。

ちょっと他とは違うアロマセラピストの資格、あなたも取得しませんか?

カンパンセーション

カンパンセーションってご存知ですか?

 

これはカイロプラクティックに用いられる用語で、整体では一般的にカンパンセーションの存在すら知らないことが多いです。

 

これが、整体とカイロプラクティックの大きな違いと言っても過言ではありません。

 

では、カンパンセーションとは何か?

 

椎骨(背骨)のゆがみ(不整列)には、2通りの形があるとカイロプラクティックでは教えている。

 

一つは、サブラクセーションであり、もう一つは偽りのサブラクセーションというもので、一見サブラクセーションのように見える椎骨の変位のことです。

 

実際には、ある部位の椎骨がサブラクセーションを起こした時、ゆがんでくる身体のアンバランスを修正しようとする体の適応力の働きにより、サブラクセーションに関連のある椎骨にゆがみが生じる現象です。

 

つまり、ゆがんだ椎骨のアンバランスを補うために、他の椎骨がゆがんでしまうことです。

 

これを「代償作用」といいます。

 

このようにして起こった椎骨の変位をカンパンセーション(Compensation)と呼びます。

 

カンパンセーションが「代償作用」であれば、ゆがむべくしてゆがんだ骨ではないので、矯正してはいけないことになります。

 

この考えは整体にはないので、矯正してはいけない(動かしてはいけない)椎骨まで動かしてしまい、かえって全身のバランスを崩してしまう恐れもあるのです。(勿論、すべての整体がそうとは言えませんが・・・)

 

カンパンセーションを触診(スタティックパルペーション)だけでは判別は難しいですが、モーションパルペーションを用いるとそれが容易にできるようになります。

 

こういった内容は、一般的な整体スクールでは学ばないのでしっかり触診技術が学べるところでなければなかなか技術は上達しません。

 

カリキュラムをしっかり見る必要がありますね。

 

アジャストメント

カイロプラクティックでは、矯正すること=アジャストメント(アジャスト)と言います。

 

このアジャストメントは、サブラクセーションに対して瞬間的にインパクト(衝撃)を与えるものです。

 

しかし、瞬間的にインパクトを与えるアジャストメントは危険だとも言われています。

 

「瞬間的=スピード」が必要。

 

正しく学ばないと、スピードを加えた矯正は必要以上の力で押してしまったり、乱暴な矯正になってしまいます。

 

これでは逆に身体に負担を与えてしまう恐れがあります。

 

最近のカイロプラクティックの学校では、

  • 危ないから・・・しない。
  • アジャストはしなくても治る。
  • ボキボキみたいな危険なことはしない。
  • ソフトカイロなので安心。

というところが増えていると聞きます。

 

つまり、アジャストメント(矯正)を教えない学校が少なくはないのです。

 

しかし、

これって、本当に安心でしょうか?
アジャストメントはカイロプラクティックの施術では非常に重要で、正しく修得すれば高い効果も期待できます。

 

「危ない」というのは、アジャストメントの使い方が悪いだけであって

正しく修得すれば決して危ない矯正ではありません。

 

カイロプラクティックを修得したい方は、アジャストメントを危ないからと言って教えない学校ではなく、

危なくないように指導しているカイロプラクティックスクールで習得することをお勧めいたします。

 

アジャストメント(矯正)をする、しないは自由ですが、

 

「できるけどしない」と「できないからしない」では大きな差があります。

 

カイロプラクティックを学びたいという意志が強い方なら「できる」「学べる」スクールを選んでください。

 

モーションパルペーション

まず、第一に行うカイロプラクティックの触診法として、スタティックパルペーションという触診法を説明しました。

 

しかし、この静止したままで検査を行うだけのスタティックパルペーションは脊柱サブラクセーションを検出することには限界があり、正確さに欠けることも多い。

 

たとえば骨の変形・奇形(先天的なもの)などは、スタティックパルペーションでは大きな不整列として判断してしまいます。

 

当然、奇形には矯正は不可能であるので、誤った矯正がかえって症状を悪化させる原因にもなりかねないし、こういう先天性の奇形も少なくはないケースなので、スタティックパルペーションの欠点を補うためにはモーションパルペーション(可動性検査法)が必要不可欠なのである。

 

モーションパルペーションとは関節の可動性を触診する検査法である。

 

関節の動きは、動きすぎると不安定さが増し、動きが少ない場合は可動域が制限されます。

 

スタティックパルペーションで脊椎の不整列が確認できればその次はモーションパルペーション(可動性検査法)によって、その椎骨のフィクセーション(椎骨の可動性が減少、もしくは消失している状態)が確認しなければいけません。

 

その後、カイロプラクティックのアジャストメント(矯正)によってその椎骨の不整列を正し、正常な可動性を取り戻さなければならない。

 

カイロプラクターが検査で一番重視するのは、関節の可動性を検査するモーションパルペーションと言ってもいいでしょう。

 

スタティックパルペーション

正確なカイロプラクティックの施術を行うには、まず第一に正確な検査が必要である。いくら腕のいいカイロプラクターでも検査が十分にできていない場合は、施術による効果は期待できません。

 

一般的な検査法はX線(レントゲン)による分析法と手のみでおこなう触診法になります。
まずX線であるが、これは日本ではX線を用いることが制限されているため(レントゲン技師という医療国家資格が必要)、医療機関でレントゲンを撮ってもらわないといけない。

 

自分の院でX線を撮ることができないため触診法がサブラクセーション検査法の主流を占めている。

 

医学用語では、サブラクセーションは「亜脱臼」と直訳されていますが、カイロプラクティックにおけるサブラクセーションとは、ほんの数mm以下のわずかな椎骨の関節面の変位のことを言います。

 

スタティックパルペーションとは、脊柱の配列、筋肉の凹凸などのチェックも行い、カイロプラクターが検査手順で一番初めに行う触診法と言えるでしょう。