掲示板

資料請求・説明会に申し込む

胸椎椎間板ヘルニアについて


椎間板ヘルニアという言葉はご存じだと思います。

 

 

よく耳にする椎間板ヘルニアは、

頸椎椎間板ヘルニアか腰椎椎間板ヘルニアでしょう。

 

 

胸椎椎間板ヘルニアって聞いたことありますか?

 

 

実は、椎間板ヘルニアの中で

この胸椎椎間板ヘルニアが

もっとも深刻なのです。

 

 

頸椎や腰椎に比べると、なりにくいのですが

決して少なくはないのです。

 

 

では、どんな人が胸椎椎間板ヘルニアになりやすいのか?

 

 

  1. 男性
  2. 50代
  3. なりやすい部位(T11-12)

 

 

胸椎椎間板ヘルニアは頸部を屈曲させた時、

咳をした時、

力んだ時に痛みが強まる傾向にあります。

 

 

しかし、横になっていると痛みはほとんど軽減します。

 

 

胸椎椎間板ヘルニアを見つける方法とは?

 

 

椎間板ヘルニアは臨床経験が上がれば、

見つけることができます。

 

 

突出した胸椎椎間板は、

レントゲンで撮影するとしばしば退行変化を示し、

石灰化が認められます。

 

 

脊髄腔に石灰の影が現れる場合は、

椎間板が突出している証拠になります。

 

 

いずれの部位での椎間板ヘルニアでも

それを確定するには、MRIなどの画像診断は

必要になってきます。

 

 

椎間板ヘルニアの場合は、

安静にしておく方法、または

牽引するテクニックもよく使われる。

 

 

むやみにマッサージや指圧、

カイロプラクティックのアジャストメントを行うと

症状を悪化させてしまう恐れもあるので

十分に注意しなければいけません。

 

 

特に急性の症状の場合はお勧めできないが、

胸椎椎間板脱出の急性期は

頸椎椎間板ヘルニアや腰椎椎間板ヘルニアより

早く治まると言われています。