掲示板

資料請求・説明会に申し込む

カンパンセーション


カンパンセーションってご存知ですか?

 

これはカイロプラクティックに用いられる用語で、整体では一般的にカンパンセーションの存在すら知らないことが多いです。

 

これが、整体とカイロプラクティックの大きな違いと言っても過言ではありません。

 

では、カンパンセーションとは何か?

 

椎骨(背骨)のゆがみ(不整列)には、2通りの形があるとカイロプラクティックでは教えている。

 

一つは、サブラクセーションであり、もう一つは偽りのサブラクセーションというもので、一見サブラクセーションのように見える椎骨の変位のことです。

 

実際には、ある部位の椎骨がサブラクセーションを起こした時、ゆがんでくる身体のアンバランスを修正しようとする体の適応力の働きにより、サブラクセーションに関連のある椎骨にゆがみが生じる現象です。

 

つまり、ゆがんだ椎骨のアンバランスを補うために、他の椎骨がゆがんでしまうことです。

 

これを「代償作用」といいます。

 

このようにして起こった椎骨の変位をカンパンセーション(Compensation)と呼びます。

 

カンパンセーションが「代償作用」であれば、ゆがむべくしてゆがんだ骨ではないので、矯正してはいけないことになります。

 

この考えは整体にはないので、矯正してはいけない(動かしてはいけない)椎骨まで動かしてしまい、かえって全身のバランスを崩してしまう恐れもあるのです。(勿論、すべての整体がそうとは言えませんが・・・)

 

カンパンセーションを触診(スタティックパルペーション)だけでは判別は難しいですが、モーションパルペーションを用いるとそれが容易にできるようになります。

 

こういった内容は、一般的な整体スクールでは学ばないのでしっかり触診技術が学べるところでなければなかなか技術は上達しません。

 

カリキュラムをしっかり見る必要がありますね。