掲示板

資料請求・説明会に申し込む

スタティックパルペーション


正確なカイロプラクティックの施術を行うには、まず第一に正確な検査が必要である。いくら腕のいいカイロプラクターでも検査が十分にできていない場合は、施術による効果は期待できません。

 

一般的な検査法はX線(レントゲン)による分析法と手のみでおこなう触診法になります。
まずX線であるが、これは日本ではX線を用いることが制限されているため(レントゲン技師という医療国家資格が必要)、医療機関でレントゲンを撮ってもらわないといけない。

 

自分の院でX線を撮ることができないため触診法がサブラクセーション検査法の主流を占めている。

 

医学用語では、サブラクセーションは「亜脱臼」と直訳されていますが、カイロプラクティックにおけるサブラクセーションとは、ほんの数mm以下のわずかな椎骨の関節面の変位のことを言います。

 

スタティックパルペーションとは、脊柱の配列、筋肉の凹凸などのチェックも行い、カイロプラクターが検査手順で一番初めに行う触診法と言えるでしょう。